注文住宅で重視したのはリビング

さて、これまでも繰り返しているように、私は子どものことも考慮して、とにかく注文住宅のリビングを重視しました。

下調べの時点では、広さと間取り、そして光の入り具合を重視しました。

そのときに参考にしたのは、やはり画像です。

様々な角度から撮った写真は、注文住宅のイメージを膨らませる上で非常に参考になりました。

さらに、同じような家族構成の方々の口コミというのも、非常に参考になりました。

例えば、現在の私たちと同じような三人家族だったり、あるいは将来を見据えると、四人家族だったり、そういう家族構成の方々のインタビューは、具体的で、自分と重ね合わせやすいということもあって、とにかく参考になります。

こういう場合は、同じような家族構成の方々を参考にするのが一番安全で、有益な情報を得られやすいですからね。

何より「広い空間で子どもが楽しく遊んでいます」

みたいな声を聞くと、こちらとしてもなんだか嬉しくなっちゃいますし、素直にいいな、と思いますね。

それから、実際に目にして驚いたのは、リビングに数多くの収納スペースがあった注文住宅です。

リビングが広いだけでも嬉しいのに、と、妻も非常に喜んでいました。

やはり収納スペースが多いというのは、女性の目から見てもありがたいようですね。

その辺りはやはり、実際に注文住宅を見に行ってわかることなので、念入りに下調べを終えてからは積極的に、足を運ぶべきですね。

もちろん画像を見てもわからないことはないですが、それでも実際に見ると、また印象は変わってくるんです。

また、注文住宅ごとにどのような収納スペースがあるか、それを見るだけでも、イメージは膨らみます。

とにかく重要なのはイメージを膨らませること、これに尽きると思います。

私もリビングを重点的に、とにかくどのような家に住みたいのか、その部分をはっきりとイメージして、そのうえで足を運んだりしました。

そうすると、候補を絞りやすくなりますし、また時間の短縮にもなりますね。